自賠責保険が切れた状態で運転すると…

原付

自賠責保険は強制保険

自賠責保険は国の法律によって加入が義務付けられている強制保険です。
この保険は交通事故による被害者を救済する目的と、加害者が負うべき経済的な負担を補填し対人賠償を確保することが目的とされています。
自動車を運転する人は、必ずこの保険への加入が必要となり、原動機付自転車を含む全ての自動車について、自賠責に入っていない場合、運転はできません。

ただし被害者1名ごとに支払い限度額に定めがありますし、物損については保証がないため、多くの方はこの強制保険プラス任意保険によって物損などの賠償に備えているわけです。
仮に自賠責保険が切れた状態で運転した場合はどうなるのでしょう。

自賠責保険が切れた状態で運転した場合は罰則がある

原付を含む全ての自動車について自賠責保険へ加入していなければなりませんが、もしも切れていた場合、また加入せず運転した場合、交通事故の損害について全て自己負担となるのです。
任意保険に加入していたとしても、任意保険から支払われるのは「自賠責保険の補償限度額を超えた金額のみ」となります。

交通事故を起こし被害者が死亡した場合、自賠責保険へしっかり加入していれば3,000万を限度とした保険金が支払われますし、任意保険に加入していれば限度額を超えた金額となっても任意保険から支払われることになるので、補償については安心といえるのです。
しかし加入していない場合、3,000万という金額を自己負担しなければなりません。

交通事故を起こさなかったとしても自賠責保険は強制保険ですから、未加入で運転した場合、1年以下の懲役または50万以下の罰金です。
自賠責保険の証書を車に所持していないだけでも、30万以下の罰金となるのですから、自賠責保険は車を運転する際に、必ず携帯していなければなりません。
また無保険での運転は違反点数6点が加点されるため、免許停止処分にもなります。

国などからの求償について

交通事故を起こした人が、自賠責保険に加入していなかった場合、国土交通省が加害者や自動車を保有している人に変わり被害者に対し損害の補填を行うこともあります。
この場合、国土交通省は被害者の方の損害賠償請求権を代位取得し、損害賠償責任者である加害者に対して求償を求めることになるのです。
被害者の方が国民健康保険や労働者災害補償保険などを利用した場合にも、政府機関から損害賠償額を求償されることになり、これを弁済しない場合には、国が加害者に対して損害賠償請求訴訟を起こします。
この裁判の判決に従い、加害者の方が保有している自動車、土地、建物、給与などを差し押さえられることになるので、こうしたことを考えても自賠責保険に加入せず運転するというのは、無謀なことなのです。