古くから愛されているスクーター JOG

YAMAHAのJOGの特徴

JOGは、水冷4ストロークでフューエルインジェクションのエンジンを搭載しているスクーターです。

JOGには多くの歴史があり、スクーターが原付きと言われていた頃から、革新的な改良が施されていました。
有名なものではカラーリング、ボディデザインの大きな変更があります。

まだ原付きが登場したばかりの頃は、角ばったボディデザインの原付きが多く販売されていました。
しかしYAMAHAのJOGは、カラーリングを増やす努力をしただけでなく、ボディデザインもドンドンと刷新していった歴史があるのです。

YAMAHAのJOGの特徴としては、今では環境性能と呼ばれるエコの努力をしています。
環境性能に優れた水冷4ストローク、そしてSOHC、フューエルインジェクション搭載エンジンを採用しているため、エコについて考慮されているスクーターなのに、登坂路であってもパワフルな走りを見せてくれるのです。

YAMAHAは「走りのYAMAHA」と言われるほど、YAMAHAのJOGであっても、発進、加速について妥協していません。
これこそYAMAHAのJOGの大きな特徴と言えるでしょう。

しかもYAMAHAのJOGには、コンビブレーキも搭載されています。
コンビブレーキの特徴は、あくまでもブレーキ補助として機能していることで、コンビブレーキ搭載のスクーターであれば、運転が苦手な人であっても、安全にスクーターを走行させることができます。

さらにYAMAHAのJOGのメーターパネルは大きいのです。
YAMAHAのJOGのメーターは視認性に配慮されていて、メーターパネルには時計機能も付いています。

これだけでも十分に凄いのですが、メーターパネルにはエンジンオイルの交換時期の表示、設定する機能、燃料計までもが装備されているのです。
YAMAHAのJOGは、シート下トランクの機能も装備されているので、容量約19リットルのトランクを使用できるようになっています。

こちらはヘルメット、レインウェアなどの収納が可能となっているため、実用的なシート下トランクとして評価されています。

YAMAHAのJOGのスペック

基本的なスペックでは、全長・全幅・全高が1675mm・670mm・1040mmとなっており、比較的大きなスクーターとして親しまれています。

シート高は720mmとなっており、最低地上高は105mmです。
YAMAHAのJOGのスペックは、足をつけやすいシート位置となっているため、ロングドライブでも疲れません。

しかも車両重量が79kgとなっているので、車体が傾いた際に起こすことも難しくありません。
このようなスペックの他に、YAMAHAのJOGは定地燃費値がリッターあたり80.0kmとなっているので、他のスクーターよりも燃費効率に優れているという特徴もあります。