原付でツーリング~高知県を走る

●高知県へいこう!
四国はどこに行っても楽しむことができますが、そのなかでも今回は「高知県」をご紹介します。
高知県は四国の仲でも細長い県。
なので、縦断しがいがある県である、といえばそうです。
では、高知県のツーリングスポットについて話をしてみましょう。
高知県には、どんなツーリングスポットがあるのでしょうか。

●足摺岬にいきませんか?
細長い高知県は、観光スポットが東西のそれぞれ先っぽにあります。
そのなかでも、足摺岬は高知県でも有名なスポット。
足摺岬は高知市内から車で3時間以上かかるので、楽に行くことができるスポットとはいいがたいですが、それでもこの地を訪れる人が多いのは、ここでは「ジンベエザメ」をみることができるためです。
大阪の海遊館をご存知でしょうか。
大阪の海遊館にはジンベエザメがいますが、あのジンベエザメは高知沖で迷い込んだり網にかかったものを一時的に足摺岬の施設に入れ、そこから海遊館へと移動しています。
ちなみに、海遊館の水槽は大きさに限界がありますので、あまりにも大きくなりすぎた場合は海遊館からその施設に戻し、生活にならしてから海へと返しています。
ちなみにこの施設、誰でも無料で入ることができますが、海遊館以上にジンベエザメが迫ってきますので迫力満点。この施設をみるために、わざわざ県外から訪れるひとがいるくらいです。
ちなみに、夏になると「マンボウスイム」「ジンベエザメスイム」で一緒に泳ぐことができますよ。

●足摺岬は美味しいご飯がたくさんあります
足摺岬は、なんといっても美味しいご飯がたくさんあるというメリットがあります。
海が綺麗なので、高知で有名なカツオだけでなく、タイなどの新鮮な魚がたくさん食べられますので、本当に魚の美味しさを堪能することができます。
また、美味しいお土産もたくさんありますので、こういったところでお土産を購入してみて下さいね。
足摺岬は、自然の美しさを堪能することができる本当にオススメのスポットです。

●反対側にある室戸岬も
足摺岬の反対側には、室戸岬があります。
この室戸岬にはドルフィンセンターがあり、イルカのトレーナー体験をすることができますので、これを目当てに多くのひとが訪れます。
子供がいっても楽しいですが、もちろん大人がいっても楽しいので、ぜひとも室戸岬にお出かけをしてみて下さい。
室戸岬には中岡慎太郎の銅像があり、これは桂浜にある坂本龍馬と見つめ合っていると言われています。
ぜひ、中岡慎太郎の銅像もみてみてくださいね。